お世話になっている方に贈るお歳暮とは

日本には様々な風習がありますが、その中でも代表的なのがお中元やお歳暮などではないでしょうか。これは日頃からお世話になっている方や会社関係の取引先、御贔屓さんに対して感謝の気持ちを表す為に、夏や冬に贈る贈答品のです。時期としては東日本で7月上旬から中旬まで、西日本では7月中旬から8月中旬までと地域によって異なっているのが一般的です。一方でお歳暮は、東日本で11月下旬から12月中旬まで、西日本では12月13日ごろから20日くらいまでとなっていますので、マナーのひとつとして覚えておくと良いでしょう。

近年はこれらの贈答品を贈る方が減少傾向にありますが、それでも毎年多くの方がこの風習を大事にし贈られています。お中元やお歳暮は百貨店やスーパーなどで購入する事ができ、この時期になると特設会場が設けられ購入者で賑わっているのを目にする機会も多くなります。商品内容は時期によって違いがあり、お中元であればビールなどのお酒類やジュースなどの詰め合わせ、素麺などの麺類が人気商品となります。お歳暮では、料理などで使う油や調味料などのセットが最もポピュラーな商品となっていて、最近では冬の味覚でもあるカニなどのセット商品も人気です。

また、近年では近くのコンビニでも購入する事が出来てとても便利です。贈るときには相手の家族構成や年齢層などを考慮して贈ると、相手に喜ばれる傾向がありますので、そのような配慮も忘れずに行うと良いです。お歳暮のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*