お歳暮の時期について

どんどん早くなるお歳暮商戦。いつ注文してもきちんと正しい時期に届けてもらえるので気にする必要はないのかもしれませんが、日本人の常識としてある程度は知っておいた方がよいのではないでしょうか。お歳暮というのは新年に御先祖様や年神様を迎えるためのお供え物を年の暮れに本家に届けていたのが元となっています。そのため今年中には送っておかなければなりません。

とはいえ年の瀬はどこの家でもバタバタとして忙しいでしょうから、遅くとも12月20日頃までには届くように手配してください。お歳暮を送り始めるのは事始の日と言われる12月13日を過ぎてからというのが正式です。その頃になるとお正月の準備は始まっており、おうちや仏壇がきれいになっているからです。とはいえ、関東ではもっと早く12月1日には始まります。

地域による風習もあるでしょうから送り先に合わせて変えるのがいいでしょう。ただし、年末年始に使う食材・生ものを贈るなら年末までに届くようにした方がよいでしょう。その場合には先方にいつ届けるのがよいか確認しておくと冷蔵庫を開けて待っていてくれるはずです。お世話になった相手に贈ろうと思っていたのに気がつくと時期が過ぎてしまっていたという方。

その場合には熨斗の表書きを「お年賀」「寒中見舞い」などに変えれば年が変わっても贈ることはできます。とはいえ、毎年の恒例行事です。できれば早め早めに手配して年末年始をのんびりと過ごしたいものです。お歳暮のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*