お歳暮は贈る相手に配慮する

お歳暮は、相手に感謝の気持ちを伝えるために贈ります。そのため、相手に配慮することは大切なことです。また、相手の気持ちを考えて、単に儀礼的に贈らないことも重要です。特に、世話になっていることに感謝をしたいと本気で考えているなら、贈り物にもこだわりたいところです。

無論、こだわるというのは値段のことではなく、相手の気持ちを考えて、相手が喜ぶであろう物を選ぶという観点においてこだわることです。食べ物や飲み物など、選ぶ物はたくさんありますが、大事なことは、相手にとって困らない物を選ぶことです。これを考えるにあたっては、贈る相手の趣向や家族構成、年齢といった物を意識すると良いでしょう。例えば、家族がたくさんいる家庭であれば、肉やハムなどは、調理も比較的容易ですし、消費するのも大変ではないですし、家族全員がこれらを肉が嫌いということもあまりないでしょうから、喜んでもらいやすいです。

お酒が好きな方には、好きな銘柄のお酒を贈るというのも良いでしょう。入浴剤や洗剤なども、相手が処分できないこともないでしょうし、普段使いの物よりも少しぜいたくな物をお歳暮として選べば、喜んでもらえる事でしょう。このように、相手のことを考えてお歳暮を選べば、少なくとも不快にすることはありませんし、自分の気持ちを伝えることができます。単に機械的にみんなに同じものを贈るのでは、こういった気持ちを伝えることは難しいですから、一人一人の顔を思い浮かべながら選びましょう。

お歳暮のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*